こんにちは。
VR|46 Store Tokyo です。

夏のオフシーズンも終わり、引き続き白熱のヨーロッパラウンドが続いております。先週のオーストリアGPは皆さんご観戦しましたでしょうか。バレンティーノも4位フィニッシュという好成績を収めました。ヤマハのサテライトチームにいるクアルタラロ選手が前にいるというのが少し悔しいですが・・・。

来週のシルバーストンも楽しみですね!

そして今回紹介するアカデミーライダーはこちらです!

Marco Bezzecchi(1998/11/12)

笑顔でこちらを見つめるこの選手がマルコ・ベッツェッキ選手。

2017年よりMoto3™クラスにレギュラー参戦を開始し、昨年2018年シーズンでは、スペインのホルヘ・マルティン選手や同じくイタリアのファビオ・ディ・ジャンナントニオ選手とシリーズチャンピオンを賭けて激しいバトルを繰り広げました。

2018年は年間3勝を挙げ、その内の1戦はなんと日本GP。2017年のデビューイヤーでも3位を獲得しているのでもてぎサーキットは得意なコースのようです。年間での平均の順位も3位から4位と好成績を収めました。ノーポイントのレースやクラッシュ等が後半に響き、惜しくもチャンピオン獲得とはなりませんでしたがシリーズ3位を記録。本2019年にRedbull KTM Tech3よりMoto2™デビューを果たしました。

Moto2™ 2019

本年よりクラスをMoto2™に移し、Redbull KTM Tech3チームより参戦を始めました。

初年度ということもあり、本来のパフォーマンスを発揮できていないベッツェッキ選手ですが、チェコ・ブルノサーキットでは予選6位のMoto2™自己ベストグリッドを獲得。速さの片鱗を垣間見せました。

Moto3™時代から健在の、コーナーの立ち上がりでお尻を大きく浮かす乗り方が特徴的です。(写真はMoto3™時代です)

現在Sky Racing Team|VR46よりMoto3™クラスに参戦中のヴィエッティ選手がこの乗り方を継承しているように見えるんです・・・レースの際はぜひご覧になってみてください!

Moto2™クラスにステップアップしたベッツェッキ選手ですが、今まで通りお気に入りの12番を使えるかとおもいきや、先輩ライダーのトマス・ルティ選手がMotoGP™クラスよりMoto2™クラスに戻ってくるという事態が発生。ルティ選手も12番を愛用しているため、泣く泣く12番は明け渡すことに・・・

現在は代わりとして”72″を使っていますがよくよく見ると番号の中にも線があり、さらに自分のニックネームとも組み合わせて”12″に見えるように工夫されています。自分を表す番号の12番への愛を感じますね!

マルコ・ベッツェッキ着用モデル

ベッツェッキ選手着用のVR|46 Riders Academyアパレルはこちら!

アカデミーライダーのモデルもご好評をいただき、在庫が少なくなってきております。現在取り扱っているベッツェッキ選手着用のモデルはこちらの写真の2点。時季外れではありますがこちらのフリースはなんと60%オフ。驚異の定価の半額以下です!秋で涼しいもてぎ戦に向けておすすめです。

キャップのみ在庫切れとなっておりますが、次回入荷は決まっておりますのでご安心ください!

また、現在VR|46 Store Tokyoの店舗にてサマーセールを実施中でございます。割引率は商品によって異なりますが、最大で70%オフの商品もございます。ぜひご来店くださいませ!

スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ちしております。